爺ヶ岳山頂から大町市街地を望む大町市定住促進スタッフ

このサイトの3大ミッションは…

長野県大町市を宣伝すること大町市への移住者を増やすことネットでの稼ぎ方を模索すること

ここは、信濃大町(長野県大町市)での移住生活を綴りながら、地方都市での豊かな生き方を考えるサイトです。地方移住を考える上で最大のネックとなる「生活費を稼ぐ」ということにフォーカスを当てて、自分自身をモデルケースにしながら、自分自身のビジネスを作り上げる方法を考えたいと思います。2020年の1月時点で稼げていないオラ(やまねこたけはな)が、地元あるいはコミュニティに貢献しながら自らにも利益が落ちるような稼ぎ方を実験していきます。これまでも大した実績などないオラですので、何ができるとも思いませんが、壮大な挑戦の記録として見守っていただければ幸いです。

サイト管理者

このサイトは、2004年04月に首都圏から当地に移住したやまねこたけはなが管理運営しています。

やまねこたけはな
やまねこたけはなPrint & Web 山猫屋 店主
信濃大町偏愛者です。長野県大町市と地方都市に移住したい方向けに情報を配信していこうと、このサイトを開設しました。
ブログを通して有益な情報を世の中に提供できるよう努めたいと思います。

管理者の略歴

1965/06

埼玉県某市に生まれる

小中学校はとても面白く過ごさせていただきましたが、生まれた街を出て、現在は大町市を故郷として生きている立場として、市町村名は伏字とさせていただきます。

1965/06

1984/04

大学入学で仙台へ

学寮に入り社会的な学びを多く経験する。教養部時代は寮で退廃した生活を送り、1年留年を食らう。専門は工学部機械第二学科で火力発電所の鋼材の非破壊試験方法について。

自然豊かな東北地方は良いところで、原付バイクであちこちを旅行した。特に鳴子から秋田の湯沢に掛けての仙秋サンライン、栗駒山から平泉、田沢湖周辺などはよく出かけた。

1989/04

就職で塩尻へ

プリンターのメカ設計職として入社。 憧れの長野県での生活を楽しむ。

1989/04

1992/02

脱サラ

2年10ヶ月在籍。三年未満で辞める「堪え性のない若者」の一人でした。親が求めたレールの先には自分の幸せはないと気づいたのが退社の理由。コンピュータ技術と英語のスキルがあれば将来も何とかなるのではとの目論見で突っ走る。

1992/05

ワーキングホリデーでカナダへ

ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリアでの生活をスタート。

夏休み期間にビクトリア大学のESLクラス(英会話教室)を受講。国際基督教大学の生徒さんなどに混じって勉強する。

1992/05

1992/07

地元企業に潜入

ツーリスト向けのフリーペーパーを発行する Key Pacific Publisher Co., Ltd. にフルタイムで採用される。全員がカナダ人の会社で広告や冊子の日本語版の作成に携わる。

ビクトリアでは本当に楽しい時間を過ごした。

1993/08

突然のレイオフ

会社の業績が思わしくなく、雇い止めに。

ワーホリの人間の雇用はハードルが高いので、ある意味では止む無し。1度は半年の延長をしてもらえたので本当に感謝している。

その後、西海岸から東海岸へのドライブを実行。カナダの大自然の素晴らしさに触れる。

1993/08

1993/12

日本に逆戻り

突然のことだったので、親元の生まれた街に逆戻り。カナダ人の自由なライフスタイルを見たあとでは、会社員という選択肢はなく、自営業の道を選ぶ。

1994/01

山猫屋を開業

DTP組版を業とする山猫屋を開業。手探りでの営業を開始する。

1994/01

1994-2004

修行時代

下請けでの組版仕事、特に旅行パンフレット系を多く行う。また、英語冊子の組版、テキストのタグ付け処理などの作業も請け負う。

水墨画教室の事務作業の手伝いなども行った。

埼玉時代の最後のあたりは月刊誌のコンサート情報の半自動組版の仕事もあり、だいぶ受注が安定した。

2004/04

大町市へ移住

長男が小学校に上がるタイミングで、今を逃すと動けなくなると感じて移住を決意する。

移住先は特に決めておらず、東京までバスで出られる地方都市を探す。トレンディな街は除外しつつ探していると大町市が目に入る。訪問してみると規模も雰囲気も希望通り。何より北アルプスの素晴らしい眺め。即決で、この地へ。

2004/04

2012/04–2018/03

大町市定住促進アドバイザー

本業の傍らで市から移植されて定住促進アドバイザーを務める。

3期6年間就任したが、後進に道を譲るため退任。その後も民間の移住者団体「安曇野アイターン友愛会」の会員として、まちおこしNPO法人「ぐるったネットワーク大町」のサポーターとして、大町市の定住促進には関わっている。

2020/01/02

豊かな生活を目指して BLOG 開始

大町市で何とか生活を維持しています。

低空安定飛行な(と言うより、毎月の家計が火の車な)現状を打破すべく、ブログで稼ぐ計画を立て、2020年元旦2日より実行に移す。

どこまでできるかはお楽しみに。

2020/01/02